葬儀事典トップページ > 葬儀のあれこれ > 葬儀スタイルのあれこれ > 多様化する葬儀や供養 乱立する「〇〇葬」を整理する

葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

多様化する葬儀や供養 乱立する「〇〇葬」を整理する

家族葬や、直葬や、樹木葬や、さまざまな「〇〇葬」が登場しています。
しかしそれらは具体的に何が違うの、いまいちわからない人も多いのではないでしょうか。
この記事では乱立する「〇〇葬」を1つずつ整理します。

 

【基本の”一般葬”をまずは理解しよう】

 

すべての「〇〇葬」は、一般葬に対しての反発から生まれたと思って構わないでしょう。
ひと昔前の、スタンダードだった葬儀スタイルをいまでは”一般葬”と呼んでいます。
その特徴は次の3点に集約できます。

■親戚だけでなく、ご縁のあるたくさんの人に参列してもらう
■寺院に供養してもらう
■通夜葬儀の2日間で執り行う

 

しかし、バブル期の過剰に華美な葬儀からの反発から、90年代に入ると小規模葬儀が支持されるようになります。
こうして、さまざまな「〇〇葬」が登場します。
 

【家族葬】

まず、筆頭は家族葬です。
参列の規模を家族や親族や、ごく近しい人に限定した葬儀スタイルです。
いまでは、小規模の葬儀の総称として用いられています。

 

【一日葬】

通夜を省略して1日で葬儀を済ます方法です。
通夜は一般参列者の弔問の場という意味合いが強く、家族葬では参列者がいないため、1日で葬儀を済ます人が増えています。

 

【直葬】

通夜も葬儀もせずに、火葬だけで葬儀を済ます方法です。

 

【密葬】

密葬とは、後日に本葬を執り行うことを前提とした葬儀です。
社会的影響力の大きい人など、参列者が多い場合には、まず家族だけで密葬を行います。
家族葬や直葬と混同しているケースが多いようです。

 

【骨葬】

先に火葬をして、その後に葬儀をするスタイルです。
北関東から東北地方の中では、このスタイルが一般的な地域もあります。
また孤独死などで、先に火葬をすることもあるでしょう。

 

【無宗教葬】

寺院などの宗教者を呼ばない葬儀です。

 

【音楽葬】

無宗教葬でも演奏や拝聴など、音楽を奏でることに特化した葬儀スタイルです。

 

【社葬】

喪主が遺族ではなく、会社が務める葬儀です。

 

【合同葬】

会社と遺族が共同でお金を出し合って執り行う葬儀です。

 

【樹木葬】

樹木葬は、葬儀のスタイルではなく、遺骨の埋葬法の一つです。
墓標を石塔ではなく、樹木にして埋葬、礼拝します。
 

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top