葬儀のあれこれ

新しい葬法「散骨」のあれこれ

散骨は合法? 違法?

お墓の中に埋葬するのではなく、大自然に遺骨を還す散骨。
しかし、海や川や山など、他の人々と共有する公共空間に遺骨を散布することは、やりかたによっては大変な迷惑を与え、場合によっては罪に問われます。
この記事では、散骨の違法性についてご説明します。

 
【散骨は、合法でも、違法でもない】

 

遺骨の埋葬に関わる法律に『墓地埋葬等に関する法律』がありますが、散骨に関する記述がありません。
つまり、散骨を許可する者がそもそもいない状態なので、許可を受ける必要がありません。
黒でもなければ、白でもない、グレーであるために、解釈次第ではどのようにも受けとめられるのです。

 

【刑法第190条に対する法務省の見解】

 

抵触しそうな法律に刑法第190条があります。
刑法第190条
死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。
これに対して、1991年に法務省は「葬送を目的として、故人が節度を持って行う分には遺棄罪にならない」という見解(非公式)を出したと言われています。
問題は、この”節度”というものが、明確に線引きできないという点ですが、日本中のさまざまな業者は、周辺住民とのトラブルを回避する形で散骨を行っています。

 

【条例やガイドラインを設けた自治体】

 

国は明確な法律やガイドラインを制定していませんが、自治体レベルでは、散骨許可に関する条例を設けているところがあります。

●北海道長沼町
北海道長沼町では、ある団体が「樹木葬公園」と称する散骨場の分譲を始めたところ、周辺住民との間にトラブルを招きました。
地下水の飲用への忌避感や、風評被害の恐れなどから反対の声が上がったのです。
これを受けて、2005年に『長沼町さわやか環境づくり条例』を公布。
「何人も、墓地以外の場所で焼骨を散布してはならない」という条例が組み込まれました。
違反者は6ヵ月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処するとあり、散骨規制の先駆けとなりました。

●静岡県熱海市
法的な強制力がないものの、ガイドラインを制定したのが熱海市です。
熱海は海を中心とした観光と漁業の町ですから、観光業者や漁業関係者らが風評被害によるブランドイメージの低下を恐れたのです。
2015年に『熱海市海洋散骨事業ガイドライン』を制定し、散骨に対して一定の抑制効果をもたらせているでしょう。
その他にも、埼玉県秩父市や長野県諏訪市など、わずかではありますが、少しずつ散骨規制の自治体が増えています。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top