葬儀のあれこれ

新しい葬法「納骨堂」のあれこれ

納骨堂とは

納骨堂とは、建物の中で遺骨を埋蔵する施設のことです。
おもに、寺院や霊園が納骨堂を運営しています。
この記事では、納骨堂についてご説明します。

 
【納骨堂とは】

 

納骨堂は建物の中のお墓だと思えばいいでしょう。
棚型、ロッカー型、仏壇型、自動搬送型などがあります。
納骨堂に遺骨がある限りは、家族の人がお参りに来れます。
ゆくゆくお参りができなくなった時は永代供養にしてもらえば、遺骨は合祀されます。

 

【納骨堂の種類】

 


 
ひとことに納骨堂と言っても、さまざまな種類があります。
 
●棚型
ひな壇状になった棚に、遺骨や位牌を整然と並べます。
個別の納骨スペースがないために、永代供養の側面が強く、費用も最も安価でしょう。
 
●ロッカー型
遺骨をロッカーのような収蔵棚に保管します。
ただの収蔵スペースだけがあるタイプと、簡易的に礼拝できるタイプのものとあります。
 
●仏壇型
仏壇型では、礼拝の対象となるご本尊(その宗派の中心となる仏様)が祀られています。
ひとつの区画の中に、礼拝の部分と納骨スペースが分かれています。
その多くは、上段が礼拝、下段が納骨スペースという構造です。
 
●自動搬送型
コンピューター制御で遺骨が共有の礼拝ブースに運ばれてくる納骨堂です。
都心部の土地不足対策で実現できた形で、「マンション型」とも呼ばれています。

 

【納骨堂が増えている理由】

 

納骨堂が増えている理由に次のようなことが考えられます。

●ライフスタイルの変化による供養の多様化
●親子が別の場所に住んでいるために墓守が困難
●お墓を建てるよりも安い費用で済む
●いざという時に墓じまいの手間と費用がいらない

 

【納骨堂のメリット】

 

納骨堂のメリットには、次のようなものが挙げられます。
 
●費用が安い
平均相場を見ても、お墓を建てるよりもはるかに安い金額で納骨できます。
 
●寺院の境内にあることの安心感
多くの納骨堂は寺院の境内、さらには堂内に設置されています。
防犯上、さらには供養の面でも安心感があります。
 
●雨の日でもお参りできる
納骨堂は建物に設置されていますから、雨や風にさらされることがありません。
お参りの時の負担が軽減できるだけでなく、お掃除の心配もありません。
 

 

【納骨堂のデメリット】

 

納骨堂にもデメリットがあります。
 
●数人までしか納骨できない
納骨堂には、骨壺に納めたまま納骨します。
土に還らないのでずっとそこに残ります。
先祖代々の複数の遺骨を納骨しようとすると物理的に無理が生じるでしょう。
 
●窮屈なお参り
従来のお墓参りに慣れている人からすると、建物の中のお参りを窮屈に感じるかもしれません。
 
●地震災害や建物の老朽化
遺骨が土に還らずにずっとそこに残るので、地震が起きたとき、また建物が古くなった時にどのような対応をするのか、予め確認しておきましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top