葬儀のあれこれ

新しい葬法「手元供養」のあれこれ

手元供養とは

手元供養とは、遺骨をよりどころとして、生活や身の回りに遺骨を置いて供養することです。
この記事では、手元供養についてご説明します。

 
【大事な人の遺骨を近くに置くことで、身近な存在として感じられる】

 

「供養」には、心の問題と、遺体や遺骨という物質的な問題があります。
この遺骨をどのように供養するか、さまざまな方法が出ています。
永代供養、樹木葬、散骨などなど。
しかし、遺骨の一部は自分の手元に持っておきたいという人が増えているのです。
生活空間に遺骨を置いておくために、手元供養のアイテムは、デザイン面や機能面で日々の生活との調和を考えられたものが販売されています。

 

【手元供養が増えている理由】

 

手元供養は、次のような理由から増えています。

■故人をそばに感じていたいという心情
■家族や兄弟間で分骨をして、身近なところで供養をしたい
■住んでいる場所とお墓が遠くてなかなかお参りに行けない

 

【手元供養のためのさまざまなアイテム】

 


 
手元供養のアイテムはバリエーションに富んでいて、用途別にいろいろなものが登場しています。
毎日の生活の中で明るく故人様を感じられるように、さまざまなアイデアと工夫が凝らしてあります。

■加工型
遺骨そのものを加工して、故人様を感じられるアイテムを作るタイプのことです。
遺骨(パウダー状にしたもの)をうわぐすりとして用いた陶器、また、遺骨からダイヤモンドを作ることも可能だそうです。

■納骨、ミニ骨壺型
納骨型とは、容器の中に遺骨を納めるタイプのことです。
自宅の中に、仏壇ほど大きくない簡易的な礼拝スペースを作ります。
花を活け、写真を飾り、手を合わせられる小さな骨壺を置きます。
金属や陶器、丸や楕円、色もカラフルなものがあり、デザイン性や機能性に富んでいます。

■アクセサリー型
きめられた場所に置いておくのではなく、肌身に離さず、身につけておくこともできます。
遺骨が入るタイプのアクセサリーやシルバーやステンレスのものから、18金やダイヤモンドを用いた高価なものまであります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top