葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

神葬祭 神道による葬儀

神葬祭とは、神道の形式で行われる葬儀のことです。
神道の考えでは、故人はその家の守護神になり、神葬祭はそのための儀式です。
この記事では、神葬祭について解説いたします。

 
【神葬祭の流れ】

 

神葬祭の流れは次のようになります。
 
■帰幽奉告(きゆうほうこく)
自宅の神棚や霊舎にも身内の不幸を知らせます。
そして、神棚は白い半紙ですみやかに封じます。
 
■枕直しの儀
故人を布団に寝かせます。
この時、衣服は白木綿の小袖を着せます。
仏式では北枕にしますが、神式では部屋の上位(右)に向けます。
守り刀を枕元に置き、故人様の好物や、米・塩・酒・水などを供えます。
 
■納棺
湯灌(遺体の清め)をして、納棺します。
衣服は神職の姿にします。
 
■通夜祭(前夜祭)
神葬祭は仏式葬儀とはその趣が大きく異なります。
雅楽の調べの中、神職が入場し、神道の作法で故人の御霊を遺体から霊璽(れいじ:木の札)に移します。
喪主や親族や参列者は、焼香ではなく玉串奉奠(たまぐしほうてん:白い紙の垂れた榊を机の上に置く)をします。
 
■葬場祭
仏式における葬儀告別式にあたる儀式です。
参列者は通夜祭と同じように振る舞います。
 
■火葬祭
火葬炉の前でも、神職による祭詞を奏上してもらい、参列者は玉串奉奠をします。
 
■帰家祭
火葬後、遺骨に対して帰家祭を行います。
葬儀会館で執り行うこともあるでしょう。
帰家祭のあとには会食の場を設けます。
 
■霊祭
神葬祭では、葬儀義の法要を「霊祭」と呼びます。
仏教の法要では、「四十九日」「百ケ日」「一周忌」「三回忌」と続いていきます。
神式の霊祭では、「五十日祭」と続き、「一年祭」「三年祭」「五年祭」「十年祭」と続きます。
仏式では三十三回忌が弔い上げだと言われていますが、神式では「五十年祭」で弔い上げだと考えられます。

 

【神道の戒名は”諡号(おくりな)”】

 

仏式では「戒名」や「法名」をいただきますが、神道では「諡号(おくりな)」をいただきます。
男性の諡号は「大人命(うしのみこと)」、女性の諡号は「刀自命(とじのみこと)」です。
※このほかの諡号もあります
 

 

【玉串奉奠と二礼二拍一礼】

 

神葬祭で、参列者は玉串奉奠「たまぐしほうてん」で弔意を表します。
玉串を机の上に置いて礼拝します。
焼香をしないので、神葬祭では数珠は不要です。
また、神葬祭の礼拝は二礼二拍一礼です。
葬儀の時は柏手を鳴らさないように気をつけましょう。
 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top