葬儀事典トップページ > 葬儀のあれこれ > 葬儀スタイルのあれこれ > キリスト教葬 カトリックの葬儀と流れ

葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

キリスト教葬 カトリックの葬儀と流れ

日本では、キリスト教の葬儀はあまりなじみがないでしょう。
キリスト教葬の割合は全体の1%程度だと言われています。
また、キリスト教には大きく分けて、カトリックとプロテスタントがあり、葬儀の進め方も若干異なります。
この記事では、カトリックの葬儀についてご説明いたします。

 

【カトリックの葬儀】

 

カトリック教会は、ローマ法王を中心としたキリスト教最大教派です。
全世界に12億人の信者がいると言われています。
カトリックの考えでは、人間の死は終わりではなく始まりとされています。
神にこの世で犯した罪を赦し乞い、洗礼を受けることで、死者が永遠の命を得られるように祈りを捧げます。
カトリックは伝統的を重んじるため、葬儀を執り行うのは洗礼をすでに洗礼を受けた者、あるいは洗礼を受けた者に限られます。

 

【カトリックの葬儀の流れ】

 

カトリックの葬儀の流れは次のようになります。

1.危篤 病者の塗油
病者の塗油とは、息を引き取る直前に、聖油を塗って安息を祈ることです。
カトリックで伝統的に守られてきている”7つの秘蹟”のうちのひとつです。

 

2.逝去 聖体拝領
息を引き取ると、死者の口にパンと赤ワインを含みます。
「聖体」とはキリストの血肉のことで、パンはキリストの肉、葡萄酒はキリストの血だとされています。

 

3.納棺
遺体を自宅に搬送して、司祭の先導のもと、速やかに棺に納めます。
希望の衣服があればあらかじめ決めておきましょう。

 

4.通夜の祈り
通夜は、自宅か教会で行われます。
司祭が導師となり、聖歌斉唱、聖書朗読、説教、聖水撒布等が行われ、参列者は献花で故人を偲びます。
盛大な通夜ふるまいはなく、軽食を囲むことはあるようです。

 

5.出棺式
故人を自宅に安置している場合、教会への出棺時に司祭が祈ります。

 

6.葬儀ミサ・告別式
カトリックの葬儀は「ミサ」とも呼びます。
儀式は司祭が粛々と執り行います。
聖書朗読、祈り、聖体拝領、聖水散布などを行い、参列者は静かに見守ります。
また、告別式では聖歌斉唱、故人の略歴紹介、弔辞弔電の奉読、献香(焼香または献花)、遺族代表挨拶という流れが一般的です。

 

7.出棺・火葬
本来カトリックでは、火葬をせずに土葬をしますが、日本の社会事情に準じて、一般の葬儀と同じように火葬場へ出棺します。
火葬場でも、祭祀の祈り、献花を行います。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top