葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

友人葬

友人葬とは、創価学会の葬儀のことを指します。
この名称は、僧侶を招かずに、 遺族や親族や友人なで執り行うことに由来しています。
葬儀と取り仕切るのも、友人の代表として、創価学会の各支部の儀典長(学会員の冠婚葬祭を取り仕切る支部の長)にしてもらいます。
 

 
【友人葬の特徴】

 

友人葬は、法華経の読経、焼香という点では仏式葬儀と変わりませんが、いくつか特徴があります。

 

■僧侶がいないため、お布施が不要
友人葬では葬儀を先導する僧侶がいません。
葬儀を取り仕切るのは私たちと同じ立場の「友人」なので、お布施も不要としています。

■香典が不要
友人葬では香典も不要とします。
ただし香典は差し出す側の想いが詰まったものです。
持参される方も、受け取る方もいるようです。
もしも喪主がかたくなに拒むようでしたら、その想いを尊重しましょう。

■シキミを供える
御本尊の曼陀羅にはシキミを供えます。
その他祭壇周りや供花はシキミか生花(菊などの白い花)を供えます。

■全員で読経する
通常の葬儀では僧侶が読経をしますが、友人葬では参列者全員で読経をします。

 

 

【友人葬の流れ】

 

友人葬は、通夜も葬儀も同じような流れで執り行われます。
ここでは葬儀・告別式の流れをご紹介します。

 

1.開式
司会が葬儀の開始を告げます。

2.読経・唱題
読経では、法華経の「方便品」「寿量品」「自我偈」を読みあげます。
唱題とは、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えることです。

3.焼香
心を込めて焼香をして故人様を悼みます。

4.御祈念文・唱題三唱
儀典長に追善供養の祈念をしてもらい、最後に全員で題目を三唱します。

5.弔意文・弔電紹介
各方面からいただいた弔意文や弔電を紹介します。

6.導師挨拶
導師より参列者にご挨拶をいただきます。

7.告別式
棺のふたを開けて最後のお別れです。
唱題の中、ひとりずつにシキミを納めてもらいます。

8.喪主挨拶
喪主が、参列者に御礼の挨拶をします。

9.閉式・出棺
司会が閉式の言葉を述べ、火葬場へ出棺します。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top