葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

お別れ会・しのぶ会

お別れ会や偲ぶ会は、故人様と関係のあった人たちを招いて執り行う会のことです。
その多くは、逝去後にまずは家族だけで葬儀(密葬)をし、後日、親族以外の関係者向けに執り行う会として広まっています。
葬儀会館だけでなく、ホテルやレストランなど、さまざまな場所で執り行われるのが特徴です。

 

【お別れ会・偲ぶ会の特徴】

 

■お別れ会が選ばれるケース
社会的影響力が大きく多数の参列者が見込まれる場合や、家としての葬儀と友人や知人などのお別れ場を分けたい場合に、お別れ会が選ばれます。

■お別れ会と偲ぶ会はなにが違う?
呼び名が違うだけで、形式的にはほとんど同じです。
宗教儀式の要素がない形で、故人様とご縁があった人のお別れの場を設けます。

■密葬と本葬、密葬とお別れ会はなにが違う?
密葬とは、後日の本葬やお別れ会を前提とした家族だけで行う葬儀です。
密葬後の葬儀を宗教儀式として執り行いたい場合は”本葬”になり、宗教色を省きたい場合は”お別れ会”にします。

■お別れ会とはどんな内容?
お別れ会は、特に親しかった人の弔辞やあいさつや献花などで弔意を表し、会食や立食など、食事を囲んで故人様を偲びます。

 

【お別れ会・偲ぶ会の注意点】

 

■費用がかかる
お別れ会や偲ぶ会は、葬儀を終えたあとに改めて執り行うために費用が二重にかかってしまいます。

■骨を持ち込みできない施設もある
お別れ会や偲ぶ会でとくに利用されるのがホテルやレストランですが、遺骨の持ち込みを制限しているところがほとんどです。
自分たちが希望するお別れ会が実現可能な会場を選びましょう。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top