葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

一日葬

一日葬とは、セレモニーを2日ではなく1日で済ます葬儀スタイルです。
従来の葬儀は、友人や知人などの関係者の参列場として通夜を執り行い、翌日に葬儀告別式を終えて火葬しました。
しかし、家族葬が主流の昨今、関係者の参列がないのなら通夜そのものが費用だという考えに立ち返って一日葬が普及しました。

【一日葬で、心身の負担を軽減できる】

 

喪主や施主を務める方は高齢であることが多く、2日間の葬儀では肉体的な負担を強いられます。
一日で葬儀が済むと、それだけで負担が軽減されるでしょう。
また、お仕事などで忙しい方も、一日葬で時間の拘束が軽減できます。

 

【事前にお寺に確認しておきましょう】

 

そうはいっても一日葬はまだまだ新しいスタイルです。
寺院の中では通夜勤行を大切に考えられている人もおられるかもしれません。
一日葬でしたい旨を、必ず事前に相談しておきましょう。

 

【一日葬だから葬儀代金が半額! というわけではない】

 

さて、2日で執り行う葬儀を一日で済ますのだから費用も半分!とお考えの方も多いのですが、これはそうもいきません。
1日でも2日でも、手間の変わらないものがあります。
まずなによりも、会館が基本2日ワンセットの予約しか受け付けないでしょう。
祭壇も1日だから半額とはいかないです。
柩も、1日でも2日でも、同じ棺を用意します。
霊柩車も、火葬料も…と考えていきますと、実は2日が1日になったからといって節約できる品目は意外に限られているのです。
もちろん、寺院の謝礼は通夜分を省いてもよいでしょうし、スタッフの人件費、ドライアイス、通夜に用意するはずだった料理など、不要なものは節約できるので、2日にまたがる家族葬よりは安く葬儀ができるでしょう。

 

【夜通し故人様を偲ぶのも、有意義な時間です】

 

合理性や予算面から見ると、一日葬でもいいように思えます。
しかし、仮に参列者がいない家族葬でも、お通夜の夜は、故人様を偲んで、夜な夜な思い出話を語る大切な時間でもあります。
普段合うことのできない親戚と、夜通し語り合うという人もいます。
2日間かけてじっくりとお見送りをする。
不要なものを省いて1日だけで葬儀を終えてしまう。
いずれにせよ、最初で最後の大事な葬儀。
ご家族皆さんで話し合いましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top